2019.04.10

星稜・奥川恭伸の未来像。
スカウトからは「絶滅危惧種」の声

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 数年前まで日本ハムのスカウトをしていた芝草宇宙(ひろし/現・帝京長岡コーチ)氏は、奥川についてこんな話をしてくれた。

「長く高校生を見てきたなかで、あれだけの安定感を持ったピッチャーを見たのは初めてかもしれないですね。去年1年であれだけ大きく伸びて、そろそろ成長が止まる頃なのかなと思ったら、ここにきてさらに進化している。あれだけ変化球のバリエーションが豊富にあって、しかもコントロールがいい。ストレートは常時145キロ前後でしょう。それだけのものを持ったピッチャーなんて、プロの一軍にもそういないですよ。心配するとすれば、プロのストライクゾーンに戸惑わないか......それぐらいですね。なかなか逸材が出ないと言われてきた"北陸"から出たわけですから......私も奥川くんのような素材を探して育てないといけませんよね」

 最後に、現役時代に強打者として鳴らしたスカウトにこんな質問をしてみた。

「奥川の球を打てますか?」

 すると「う~ん」と言ってから、すぐに答えが出てこなかった。そしてようやく出てきた答えがこれだ。

「まあ、三振することはないにしても、打ち取られる可能性は十分にあるでしょうね。私が奥川のすごさを感じているのは、スピードや変化球の精度というよりもバッターの反応や顔色を見ながら投げているピッチャーとしての感性なんですよ。昔だったら、桑田真澄さんとかね。打席に入った時に、すべて見透かされているような......そうなるといろいろ考えちゃうし、混乱するんですよ。奥川はそういう雰囲気を持っているピッチャーです」

 一部で「田中将大に似ている」という報道もあったが、そこには異論があると言う。

「高校時代の田中はパワーピッチャーですよ。彼がピッチングの技術を覚えたのはプロに入ってからですから。それに対して奥川はテクニシャン。しかもパワーを兼ね備えたテクニシャンだから価値が高いんですよ。プロからすれば手も足も出ない球ではないと思うのですが、こっちの様子を見ながらピッチングされ、気づいたら抑えられていた......。ひとり思い出したのが、高校時代の久保ですね」