2018.06.10

ケンブリッジ飛鳥は、日本選手権で
山縣、桐生を負かすことができるか

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by PHOTO KISHIMOTO

 6月3日に行なわれた布勢スプリント2018では、山縣亮太(セイコー)がシーズンベストを出して優勝した。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は10秒21で、飯塚翔太(ミズノ)に次ぐ3位(同タイム着差あり)。それでもケンブリッジは「決勝では思ったよりタイムを落としてしまい、そこは残念ですが、予選はスタートからの流れもよかったので、(今後)あれをうまくつなげていければいいと思います」と笑顔を見せた。

試合を重ねるごとにタイムを上げてきている、ケンブリッジ飛鳥 photo by PHOTO KISHIMOTO 予選は追い風0.9mとまずまずの好条件の中で行なわれ、ケンブリッジはスムーズなスタートから、後半も力みのない走りでシーズンベストの10秒12を出していた。

 ただ、スタートで右つま先をスターティングブロックにぶつけ、スパイクのつま先部分の生地が2cmほど切れてしまうアクシデントに見舞われた。決勝では、破れたところを接着剤で補修して臨んだが、予選でぶつけたことを気にしながらスタートしたため、「全体的にうまく噛み合わなかった」と振り返った。

 冬季はアメリカで4カ月間トレーニングをしてきたケンブリッジだが、3月のテキサスリレーでは追い風4.1mで10秒22のタイム。帰国後の日大学内競技会では、100mが10秒31、200mは21秒21と、昨年4月にアメリカで追い風5.1mながらも9秒98で走っていた頃に比べると、仕上がりは遅れた状態だった。それでも今年の4月28日の織田記念陸上の前日会見では、アメリカ合宿の成果をこう語っていた。

「アメリカでは、メダリストもいるハイレベルなチームメイトとトレーニングができ、練習でも勝ったり負けたりして自信がつきました。コーチに直されたのはドリルの部分とスタート。スターティングブロックの位置を前足は少し下げて、後ろ足は前に上げました。

 まだスタートは形になっていませんが、少しずつ自分のものになっている。無理なく加速できるようになっているので、あとはレースでできるようにするだけだと思います。初戦の10秒22はあまりいいタイムとは言えませんが、練習ではいい走りができているので特に心配してないです」