2017.12.25

【月報・青学陸上部】追いつめられた王者。
ついに原晋監督が陣頭指揮へ

  • 佐藤 俊●文・写真 text & photo by Sato Shun

極私的! 月報・青学陸上部 第40回

前回の記事はこちら>>

 箱根駅伝を走る青山学院大の16名のエントリーメンバーが決定した。

 12月12日に行なわれた壮行会には、エースの田村和希(4年)ら主力に加え、初めて箱根登録メンバーに名を連ねた近藤修一郎(4年)らが壇上に上がった。

 今回、印象的だったのは、その近藤らフレッシュな選手たちだ。

 16中9名が初めて箱根駅伝登録メンバーに選ばれた。そのうち橋詰大慧(たいせい/3年)、竹石尚人(2年)、鈴木塁人(たかと/2年)、神林勇太(1年)は、出雲駅伝や全日本駅伝を経験しているが、近藤、橋間貴弥(3年)、山田滉介(3年)、中根滉稀(こうき/2年)、吉田祐也(2年)の5名は大学三大駅伝の未経験者である。

エントリーメンバー16名が顔を揃えた箱根駅伝壮行会
 箱根駅伝を走る選手選考は、主力以外は11月の世田谷ハーフと慶応・日吉での学連1万m記録挑戦会のタイムがポイントになる。実際、今回登録メンバーに選出された林奎介(けいすけ/3年)、吉田、神林、橋間、近藤、山田は世田谷ハーフで上位12位内に入り、林と神林は自己ベスト、他の選手はシーズンベストを出した。さらに学連1万m記録挑戦会では、林、吉田、山田、近藤が自己ベストを更新しており、彼らはしっかりと結果を出した上で登録メンバー入りを果たしたことがわかる。

 特に林は、世田谷ハーフと学連1万m記録挑戦会の2つのレースで自己ベストを更新。「夏からジョグの量を増やして距離に対応できている。長い距離を走ることが得意になってきている」と調子を上げてきており、得意の”一発芸”だけではなく、箱根での快走も期待できそうだ。