2016.12.03

湘南国際マラソンに登場する
「精密ペースメーカー」が記録更新を支える

  • text by Sportiva
  • photo by Murakami Shogo

「みなさんに目標達成をしてもらいたい」

 こう語るのは、12月4日に開催される湘南国際マラソンで初めてペースメーカーを務める元・箱根駅伝ランナーの鈴木北斗さん(東洋大学卒)と濱崎武雅さん(東京農業大卒)のふたりだ。

このように一般ランナーの人たちと目標に向かって練習を積んでいる

 今年で11回目を迎える湘南国際マラソンは、今大会において初めて5分ごとにペースメーカーが走る予定となっている。これだけ細かい時間設定のペースメーカーが走る大会は珍しく、自己記録の更新を目指すシリアスランナーにとっては、好記録を狙える絶好の機会になるだろう。

 もともとふたりは、9月にスタートしたランニングチームNB Silent Hunters(ニューバランス サイレントハンターズ)のコアメンバーだ。クラブのリーダー格として、鈴木さんはサブ4目指すグループを担当し、濱崎さんはサブ3のグループを牽引しながら、湘南国際に向けて毎週末に練習を重ねているという。