2018.02.14

ケガの癒えた羽生結弦に不安なし。
「絶対に勝てる」シンプルな考え方

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by JMPA/Noto Sunao

 2月11日に韓国入りし、その翌日に江陵で初練習を行なった羽生結弦。氷の感触を確かめるように滑りはじめ、1回転ジャンプで助走の入り方を確認すると、最後にトリプルアクセルを跳び、15分間 の”足慣らし”で氷から上がった。

練習で軽快な動きを見せた羽生結弦 その練習では体の軽さや動きのキレのよさを感じさせたが、 13日午前の公式練習でも不安を払拭するような滑りを見せる。10分間ほどスケーティングで体を慣らした羽生は、ループ、フリップ、ルッツの3回転ジャンプを軽々と跳んだ。さらにトリプルアクセルを2本決め、4回転トーループと4回転サルコウを、軸の細い回転できれいに決めてみせた。

 曲かけ練習では新たな構成も披露した。最初のサルコウはパンクして2回転に終わり、次のジャンプはループのような入り方をしたものの跳ばず。しかし続く3回転フリップを軽く決めると、スピンをパスしてステップの動きを確認するように軽めに滑った。

 後半に入ると、4回転サルコウ+3回転トーループ、4回転トーループ+1回転ループ+3回転サルコウ、トリプルアクセル+2回転トーループを続ける。その後はループが1回転になり、3回転ルッツで着氷を乱す場面もあったが、少し息を整えて最後はチェンジフットコンビネーションスピンで締めた。

 これが平昌五輪に向けて作り上げてきた構成かとも思われたが、このまま本番に臨むわけではないようだ。11日に韓国入りした際に、空港で「ジャンプ構成はこれからの調整をみて決める」と話していたが、13日の練習後に行なわれた記者会見でもその考えは変わっていなかった。

「今回の試合は本当に作戦が大事だと思うし、ジャンプ構成も本当にたくさんの選択肢があると思うので……。 もちろん自分の中には『クリーンに滑れば絶対に勝てる』という自信があるし、本当にそう思っています。そのためにプログラムをどんな構成にするかは、これから調子を上げていく中で決めたいと思っています」

 昨年11月にケガを負った羽生は2カ月ほど氷の上で練習ができなかった。その間、陸上トレーニングをする中でジャンプのフォームやイメージを固めようとしていたが、その頃は焦りもあったようだ。