2018.01.31

錦織圭の次代を担うのは西岡良仁だ。
再びツアーへ完全復活をアピール

  • 神仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

「まずまず、いい復帰が飾れたと思う」と穏やかに語った西岡良仁は、真夏のメルボルンで復活の第一歩をたしかに踏み出した。

 西岡(ATPランキング168位、1月15日付け、以下同)は、全豪オープンテニスの1回戦で、第27シードのフィリップ・コールシュライバー(29位、ドイツ)を、6-3、2-6、6-0、1-6、6-2で破り、ケガから復帰の公式戦2戦目でいきなり大きな仕事をやってのけた。

「今、実際どれぐらい自分ができるのだろう」と疑問を持っていた西岡だったが、強風が吹き荒れるなかで、できるだけ自分のミスを減らしつつ、試合巧者のコールシュライバーから55本のミスを引き出した。

「コートに立てるのが嬉しかった」という西岡にとって、何よりも自信につながる勝利となったが、ここに至るまでの道のりは決して平坦なものではなかった。

全豪1回戦でシード選手を破った西岡良仁
 西岡の左ひざのケガは、突発的なアクシデントだった。

 2017年3月下旬のマスターズ1000・マイアミ大会、ジャック・ソックとの2回戦はナイトセッションで行なわれていた。第1セット第5ゲームの最初のポイントで西岡がバックサイドへのボールを追いかけた時に、左足で音が鳴った。メディカルタイムアウトを取った後に、西岡はプレーを続行したが、雨によって第7ゲームで試合が中断。その直後に、西岡は棄権を申し出た。会見には自力で歩いてきて質問に応じ、日本で詳しい診断を行なうと話してマイアミを後にした。