2020.07.19

マリアライトの初子オーソクレース。
動きよく、スタッフの評価は上々

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

厳選!2歳馬情報局(2020年版)
第8回:オーソクレース

◆「荒れる」函館記念で狙える穴馬とは?>>

 現役時代にGI2勝を挙げた名牝マリアライト。同馬が繁殖牝馬になって初めて産んだ子が、今年デビューを迎える2歳馬の中にいる。

 マリアライトと同様、美浦トレセンの久保田貴士厩舎に所属するオーソクレース(牡2歳/父エピファネイア)である。

オーソクレースの母、マリアライト。2016年の宝塚記念では強豪牡馬に競り勝った 母マリアライトは、明け3歳となる2014年1月にデビュー。その新馬戦を勝って好発進を決めたが、以降は善戦続きで、4歳春まで条件クラスの身にあった。

 しかし、その4歳春に条件戦を2連勝して、ついにオープン入り。すかさず重賞のGIIIマーメイドS(阪神・芝2000m)に挑戦し、2着と好走した。

 一気に才能が開花したマリアライトは、秋には牡馬相手のGIIオールカマー(中山・芝2200m)に参戦。そこでも5着と健闘すると、続くGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)で戴冠を遂げた。

 6番人気のマリアライトは道中、中団を追走。4コーナーを迎えると、外から仕掛けていって直線半ばで先頭に立った。最後は、前年のオークス馬ヌーヴォレコルトらが追いすがってきたが、クビ差しのいで初の重賞制覇をGIで決めた。