2018.02.15

「強いチームあるある」の負け方。
フロンターレ、こだわりすぎて自滅

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 鬼木監督も「失点はアクシデント的なものであり、あまり気にしていない」としたうえで、こう続けた。

「あの(失点)シーンの前のボールのつなぎ方で、苦しいシーンになっている。そちらを改善しなくてはいけないと思う」

 ドリブルと違い、パスはひとりではできない。パスワークを武器とする川崎が、選手同士のコンビネーションを高めようと考えるのは当然のことではある。

 しかし今は、「息を合わせよう」とする過度な意識が、結果的に自分たちのプレーを窮屈なものにしてしまっているように見える。

 連敗スタートというショッキングな響きほど、川崎の試合内容が悲観すべきものでないのは確かだ。だが、長いシーズンにおいては勝利が次へのモチベーションとなり、結果においても、内容においても好循環を生み出すことも、また事実である。

 昨季J1王者といえども、多少なりとも不安を抱えて新しいシーズンを迎えているはず。悪循環に陥る前に早く1勝したいというのが、本音ではないだろうか。

◆大岩剛をコンバート。ベンゲルが魔法をかけて、グランパスは変貌した>>>

◆本家よりも「バルサらしい」分家・マンCこそ、CL優勝候補の筆頭だ>>>

■Jリーグ 記事一覧>>

関連記事