2018.01.15

証言・福田正博。あの「何の意味もない
Vゴール」に至る屈辱のシーズン

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第4回
世界で一番悲しいVゴールを決めた男~福田正博(1)

“事件”が起きたのは、1999年11月27日だった。

 J1リーグ最終節となるセカンドステージ第15節。J2降格の可能性があったジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド千葉)、浦和レッドダイヤモンズ、アビスパ福岡がそれぞれ激しい戦いを繰り広げていた。そのうち、浦和の試合は延長に突入していた。

 延長戦後半1分だった。

 小野伸二のショートコーナーからボールを受けたゼリコ・ペトロビッチは、2度切り返して中央へクロスを入れた。サンフレッチェ広島のDF陣は動けずに、ボールを見送った。その合間を突いた浦和の福田正博は、右足できっちり合わせてゴールを決めた。

 劇的なVゴール()だった。いつもなら、真っ赤なスタンドは大いに盛り上がっただろう。ピッチ上でも、ゴールを決めた福田を中心に歓喜の輪ができていたはずだ。
※延長戦(前後半15分ずつ)に突入後、どちらかのチームが得点した時点で試合が終了し、得点を挙げたチームを勝者とするもの。J1リーグでは2002年まで採用。このシーズンからPK戦は廃止され、勝ち点は90分勝利=3、延長Vゴール勝利=2、引き分け=1。

 しかし、このときはスタンドが一瞬沸いたものの、その声は急速にしぼんで異様な空気に包まれた。

 ゴールを決めた福田も、その瞬間にうなだれた。他の選手たちもピッチ上で肩をがっくりと落としていた。そんな中、DFの池田学だけがゴールを決めたエースに抱きついた。福田は無表情のまま、その手を荒く振り払った。