2017.11.22

日本はプレッシングを誤解している。
スペインの名将が斬るブラジル戦

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki


 エチャリは守備に関しては完璧主義者で、どんなミスも見逃さない。

「日本はプレッシングだけでなく、リトリートの守備でも問題を抱えていた。

 ブラジルは日本のFWがボールを追い立てるのを巧妙に利用している。食らいつかせた後に、前線の選手が中盤に落ちてボールを受け、そこでタメを作った。ガブリエル・ジェズス、ネイマール、ウィリアンは高い技術を持ち、前を向いてボールを持てばなかなか止められない。そこにダニーロ、マルセロというサイドバックが上がって、攻撃の厚みを増した」

 圧倒的な劣勢に立たされた日本だが、エチャリは後半の戦いに関しては一定の評価を与えている。

「後半、日本のプレッシングは前半よりも改善されていた。リードしたブラジルがペースダウンしたのもあるだろうが、日本の選手のポジショニングは前半に比べて論理的で無理がなく、ゴール前に迫る機会が増えていた。ブラジルのラインが間延びしたのを日本は見逃していない。前半とはほぼ逆の展開になった。

 交代出場した乾貴士は、杉本健勇のゴールアシスト(オフサイドで取り消される)だけでなく、日本の攻撃を活性化していた。同じく森岡亮太も、井手口陽介よりは攻撃面での可能性を感じさせた。そしてコーナーキックからの槙野智章のヘディングゴールは文句のつけようがないものだった(その直前には、エリア内で吉田麻也が明らかなファウルを受けている)」