2021.05.27

ラミレスが考えた「巨人のベストオーダー」。悩める井納翔一のトリセツも明かした

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi
  • photo by Sankei Visual

――今年は、DeNAから井納翔一投手も巨人に入団しました。井納投手については、ここまでどう見ていますか?

ラミレス 「井納」という投手を取り扱うには、彼のことをよく知っていないと難しいと思います。僕は彼と5年間、一緒に野球をしましたけど、彼は得意な球場と苦手な球場がハッキリしています。これまではリリーフ起用が多いけど、それはリスクが大きいんじゃないかな?

――リリーフ起用だと、当然、すべての球場で投げることになりますよね。

ラミレス もちろん、そうです。彼の特性を考えると先発投手として起用したほうがいいと思いますよ。ジャイアンツリリーフ陣の中で、彼は勝ちパターンの継投には入れず、負けている場面のロングリリーフが多かった。移籍直後というプレッシャーの中での彼のメンタルを考えると、それは得策ではないと思います。

――そうすると、先発投手の一角として、彼が投げやすいように配慮して起用する必要があるということですね。

ラミレス そうです。1軍昇格と降格を繰り返していますが、菅野が離脱したからこそ、そういうチャンスを与えてもいいのではないかと思います。でも、先ほども言ったように、今年の状態の菅野ならば、チームにとってそんなに大きなダメージはないはず。ジャイアンツに関しては、気がつけば貯金はすぐに10以上になっているんじゃないかな(笑)。

(後編は「低迷するDeNAの現状ベストオーダー」について)

■アレックス・ラミレス公式YouTubeチャンネル
『ラミちゃんねる』の詳細はこちら>>

関連記事