2015.10.24

「あの屈辱はシリーズで晴らす」。小川泰弘、リベンジの誓い

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 一方、小川は「特別な意識はなかったんですけど」と言い、こう続けた。

「破壊力のある打線なので、『どういう風になるんだろう』と思いながら試合に入った結果、後手に回ってしまいました。うーん、あの試合では決めにいったボールを拾われてホームランにされたりとか、気持ちの切り替えがうまくできずに連続ホームランを打たれたりとか......」

 試合中に、小川は代名詞でもある左足を胸元まで上げるフォームを捨てて修正を試みたが、それもうまくいかなかったという。

「足を高く上げず、制球力に重きを置いたりしたのですが、失点を重ねてしまった。自分の力を出し切れずに終わってしまった悔しさが、今もすごく残っています」

 中村は、小川が足を高く上げなかったことについて「気づきませんでした」と言った。それほど、小川と中村のバッテリーは追い込まれていたのだろうか。中村が言う。

「1試合で4本のホームランを食らったわけですから。あそこで打たれたことで『自分はまだまだ未熟なんだ』『もっともっと勉強しなければいけないな』と思い知らされました」

 あの試合が、ふたりにどれほどの影響を与えたのかはわからない。しかし、小川はシーズン終盤になるとエースにふさわしいピッチングを見せ、中村は正捕手として投手陣を支えた。そうして、小川と中村に用意された日本シリーズという最高の舞台での再戦。ふたりに意気込みを語ってもらった。