2014.06.09

【自転車】片山右京「チームに加わった全日本チャンプの苦悩」

  • 西村章●構成・文 text by Nishimura Akira 甲斐啓二郎●写真 photo by Kai Keijiro

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第8回】

 TeamUKYOを立ち上げた1年目は、苦戦の連続だった。結成初年度からチームを知るキャプテンの狩野智也はそう振り返る。しかし結成2年目、狩野より10歳年下の土井雪広がTeamUKYOに加わると、チームの戦力は格段に上がった。ただ、その土井も、TeamUKYOに加入した直後は、驚きの連続だったという。

(前回のコラムはこちら)

日本選手権を制した絶対的エース、土井雪広がTeamUKYOに加わった 土井雪広がTeamUKYOへの移籍を発表したのは、2012年11月上旬。幕張メッセで開催された自転車展示会「サイクルモードインターナショナル」のイベントステージ上だった。予想外の移籍先に、会場からはどよめきのような声があがった。

 2005年に渡欧した土井はプロツアーチームのアルゴス・シマノ(現チーム・ジャイアント=シマノ)に所属し、グランツールのブエルタ・ア・エスパーニャや数々のクラシックレースをいくつも走り抜いてきた。2012年の初夏には日本選手権でも優勝し、「日本で一番速い選手」としてナショナルチャンピオンジャージを着用していた。そのようなトップライダーが、結成して1年が経ったばかりの弱小チームに移籍すると発表したのだから、驚きをもって受け止められたのは当然だったかもしれない。

 発表の場で、土井と一緒にステージ上に立った片山は、

「ずっとラブコールを送ってきた。自分たちのチームには絶対的なエースが必要だし、次世代を担う若手を育成しなければいけないという点でも意気投合した」

 と、加入に至る経緯を説明した。

 土井の獲得には、チームのテクニカルアドバイザー、今中大介も大きな役割を果たした。

 今中は片山に対して、

「チームの中心になる爆発的な力を持った選手がいてこそ、若手の育成につながる。だから、まずは圧倒的に強いチームを作ろう」

 と助言をしていたという。