2018.01.18

イタリアの石川祐希を直撃。
3度目の挑戦で「言葉がわかってきた」

  • 中西美雁●文・撮影 text & photo by Nakanishi Mikari

【石川祐希が語る3度目のイタリア挑戦 前編】

 全日本男子のエース・石川祐希(中央大4年)が、世界最高峰のバレーボールリーグであるイタリアのセリエAで、3度目の競技生活を送っている。

 現在プレーするラティーナは今季、負けが先行して苦しい戦いが続いているが、年が明けてからは2連勝。リーグ開幕直後、全日本バレーボール大学男子選手権大会(インカレ)出場のために帰国していた石川も、調子を上げるチームのなかで存在感を増している。

 そんな、イタリアで奮闘する日本バレー界の至宝に、3度目のイタリア挑戦の手応えや、昨年9月のグラチャンで負ったケガの状態、惜しくも4連覇を逃したインカレについて聞いた。

イタリア・セリエAのラティーナでプレーする石川――現在のコンディションはどうですか?

「ケガは、プレーに支障が出ないくらいに回復していますが、ヒザも腰も完治はしていません。診断結果も『まったく心配ないですよ』というわけではないんですけど、痛みはないのでプレーは問題なくやれています。なので、コンディションは『悪くない』という感じです」

――イタリアに挑戦するのは3度目ですが、これまでと比べて変わったところは?

「自分のことでいうと、いろんな指示が(イタリア語で)だいぶ理解できるようになってきたので、プレーがしやすくなりましたね。こちらから何かを言おうとするときには言葉に詰まることもありますが、ある程度は伝えられるようになってきたので、そこは過去2回とは違うかなと思います。

 チームに関しては、セッターや対角の選手以外はけっこうメンバーが変わっているので、そこも新しい経験になっています。昨年もラティーナでプレーしましたし、バレーに専念できる環境であまりストレスはありませんが、私生活ではときどき変化があった方がリフレッシュできていいですよね。『車があったら、どこかへ行けていいな』とも思うのですが......。僕は車の免許を持っていないので、他の方法を考えます(笑)」