2019.03.11

大坂なおみに笑顔が戻った。
ジェンキンス新コーチの助言も効果大

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 相手のリターンがラインを割った時、彼女は天を仰ぎ見ると、夜空に大きくひとつ息を吐き出した。

「そうね……『安堵』が、おそらくはもっともふさわしい言葉だと思うわ」と、彼女はその時を振り返り、自身の胸のうちを探る。

「相手は、とくに終盤に向かうにつれて調子を上げていたので、試合を締めくくるのが難しかった。だから勝った時はホッとしたし、同時にとてもうれしかった。だって、その前の彼女との試合の後にどんな気分だったか、覚えているから……」

 種々の感情が入り交じる複雑な表情の訳を、彼女はそう説明した。

コート上でも笑顔を見せるようになった大坂なおみ 世界1位に座した大坂なおみが、「前年優勝者」として帰還したBNPパリバ・オープンの初戦(1回戦免除の2回戦)で当たった相手は、くしくも2週間前のドバイ・オープンで対戦したばかりのクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)だった。現在のランキングこそ65位だが、わずか1年半前は世界の10位。ジュニア時代から将来を嘱望された、才能豊かな選手である。

 そのムラデノビッチに大坂は、全豪オープン優勝後に初めて挑んだドバイ大会の初戦で完敗を喫していた。世界1位の重圧に加え、サーシャ・バインコーチとの離別を巡る憶測……。自身に向けられる過剰な注視と、耳を塞いでも聞こえる流言蜚語(ひご)の類いは、「人に注目されるのが苦手」という21歳の心を千々(ちぢ)にかき乱す。

 ドバイでの敗戦後の会見で、「なんで私、泣いているのかしら……」と目もとを拭う彼女は、「皆が私のことを、ジッと見つめているように感じる。それも、いい意味ではなくて」と言葉を絞り出した。

 その忘れがたい敗戦の苦味は、若き新女王を成長させてくれたという。

「みんなが私を”前年優勝者”として見るなかで、ドバイで負けたばかりの相手と戦うのはいいことだった。だって私は、いつも多くを敗戦から学んでいるから。今回も、前回の対戦から学んだことを活かすことができたと思う」