2022.03.04

毎年ドラフト候補も指名されず社会人野球で8年。元ソフトバンク攝津正はプロへの思いは消え失せていた

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Sankei Visual

連載『なんで私がプロ野球選手に⁉』
第7回 攝津正・前編

 プロ野球は弱肉強食の世界。幼少期から神童ともてはやされたエリートがひしめく厳しい競争社会だが、なかには「なぜ、この選手がプロの世界に入れたのか?」と不思議に思える、異色の経歴を辿った人物がいる。そんな野球人にスポットを当てるシリーズ『なんで、私がプロ野球選手に!?』。第7回に登場するのは、攝津正(元ソフトバンク)。社会人チームに8年間も在籍しながらドラフト指名され、沢村賞まで上り詰めた"雌伏の物語"をお届けする。

JR東日本東北で8年間プレーした攝津正JR東日本東北で8年間プレーした攝津正 この記事に関連する写真を見る  自分を認めてくれないスカウトへの、恨みがましい思いはなかったのですか?

 扇情的な質問にもかかわらず、攝津正は柔和な表情を変えずにこう答えた。

「なんでドラフトにかからないのかな? とは思っていましたね。公式戦はほとんど完璧に抑えて、防御率もずっとよかったので。それでもかからないのだから、何か足りないものがあるのだろうなとずっと考えていました」

 いかにも温厚そうな口ぶりと、トゲのない眼差し。実直なサラリーマンと会話しているようで、この人物が沢村賞受賞者だとつい忘れそうになる。

 攝津は社会人チームに8年在籍しながらプロ入りし、沢村賞を受賞している。しかも、社会人8年目に台頭したわけではなく、入社4年目にエース格となってから毎年ドラフト候補に挙がる存在だった。そんな投手がプロの世界に足を踏み入れるまで、なぜこれほどの時間がかかったのだろうか。本人や関係者の証言を元に、当時を振り返ってみたい。

三振かフォアボールか

「すごいボールを投げているな」

 宮城県の強豪企業チーム・JTの福家大(ふくいえ・だい)は、相手側ブルペンで投球練習する高卒ルーキーに目を見張った。オーソドックスな投球フォームの、右の本格派。いかにも将来有望な雰囲気があった。ところが、試合に入るとその衝撃はトーンダウンした。

「コントロールが悪くて、三振かフォアボールか、という感じだな」

 これがJR東日本東北に入社したばかりの攝津の第一印象だった。