2020.05.07

八重樫幸雄が獲得を喜んだ右腕。
ハズレ1位でも「藤浪よりよかった」

  • 長谷川晶一●取材・文 text by Hasegawa Shoichi

当時を振り返る八重樫氏 photo by Hasegawa Shoichi【大学時代よりも向上していた石山泰稚】

――結果的に、阪神、オリックス、ロッテと競合の末、藤浪は阪神へ。ヤクルトは「ハズレ1位」で石山泰稚(ヤマハ)を指名しました。この経緯は?

八重樫 もともと、「もしも藤浪が獲れたら2位は石山で」とは考えていました。石山は東北福祉大学時代に注目していた選手なんだよね。大学時代に腰を負傷していたんだけど、4年の時にはいいボールを放っていたので、「指名したいな」と思って調査していたら、社会人のヤマハにすでに決まっていたんですよ。さすがに、それを覆すことはできなかったし、しちゃいけないと思って断念。それから数年後、社会人時代の担当だったスカウトの小田義人さんから「石山、すごいぞ」という報告を聞いていました。だから石山のヤクルト入りはうれしかったよね。

――社会人時代の石山投手は、ご覧になったんですか?

八重樫 静岡の球場で見ましたよ。あれは都市対抗の予選だったかな? コントロールは大学時代からよかったけど、投げ方もスムーズで、すごくボールも速くなっていて、「これは上位指名候補だな」と思いました。僕は直接の担当ではないけど、石山の獲得が決まった時には「藤浪よりも石山でよかったな」と思ったことを覚えていますね。実際にキャンプで見た石山は、大学時代よりもずっとよくなっていたから。