2013.07.19

まさに夢の球宴。今年は「因縁対決」がいっぱい!

  • 中島大輔●文 text by Nakajima Daisuke
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

"新星"が続々と台頭している今季のペナントレースを象徴するように、オールスターゲームの出場選手にはフレッシュな顔ぶれが目立つ。セ・パ64選手のうち、初出場は6人の新人を含む22人。札幌、神宮、福島で行なわれる"夢の球宴"をより楽しむために注目したいのが、アマチュア時代から火花を散らしてきた"因縁の対決"だ。

大谷翔平との再戦に注目が集まる藤浪晋太郎 目玉はやはり、藤浪晋太郎(阪神)と大谷翔平(日本ハム)の「怪物ルーキー対決」。昨年春のセンバツでは藤浪の大阪桐蔭と大谷の花巻東が1回戦で激突し、投手としての投げ合いでは藤浪が2失点完投、大谷が9失点と藤浪に軍配が上がった。しかし、投手・藤浪と打者・大谷の対戦では、高校時代から大谷に分がある。昨年のセンバツでは、ライトスタンドに特大の先制ホームランを叩き込み、プロでの初対戦となった5月26日の一戦では、大谷が2本の二塁打を放った。

 藤浪の大谷に対するライバル心を垣間見たのは、甲子園で行なわれたプロ初対戦での配球だ。大谷への3打席で投じた12球のうち、実に11球がストレート。藤浪は「出たサイン通りに投げたという感じ」とコメントしたが、首を振らずに右腕を思い切り振り抜いたのは、意地もあったのだろう。プロ入り15年目で初出場を果たす37歳の捕手、藤井彰人(阪神)とバッテリーを組ませれば、同じタテジマの女房役は藤浪の力を引き出してくれるはずだ。

 ルーキーで言えば、ノーラン・ライアン投法でセ・リーグ最多の10勝を飾っている小川泰弘(ヤクルト)も堂々の出場を果たす。身長171センチは今回出場する28人の投手のうちで最も低いが、全身を使って多彩な球種を操る右腕はセ・リーグの強打者たちを翻弄(ほんろう)している。

 小川にとって、因縁の対戦になるのが鈴木大地(ロッテ)だ。大卒2年目の今季、175センチの左打者は打撃に磨きをかけ、ショートのレギュラーを奪い取った。