2018.09.10

谷繁元信が太鼓判。金足農・吉田が
「プロでも十分に通用する」根拠

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • 岡沢克郎●写真 photo by Okazawa Katsuro

谷繁元信が見た甲子園・前編

 大阪桐蔭の春夏連覇で幕を閉じた第100回の夏の甲子園。「レジェンド始球式」でマウンドに上がった谷繁元信は、島根県の江の川高校(現・石見智翠館高校)時代に甲子園に2度出場している。

 1988年にプロ入りしてから引退までの27年間、ゴールデングラブ賞を6回獲得し、幾多の好投手のボールを受け続けた名捕手は、100回大会で活躍したエースたちをどう見たのか。

今後の進路が注目される金足農業の吉田輝星――第100回大会の甲子園では、優勝した大阪桐蔭に柿木蓮、根尾昴(あきら)、準優勝の金足農業には吉田輝星(こうせい)という好投手が活躍しました。そのほか、浦和学院の渡辺勇太朗、木更津総合の野尻幸輝(こうき)、星稜の奥川恭伸(おくがわ・やすのぶ)などもいましたが、とくに谷繁さんの印象に残ったのは?

谷繁 やっぱり吉田でしょう。彼を初めて見たとき、下半身をものすごく上手に使えるピッチャーが久々に出てきたなと思いました。速いストレートとちょっと遅いストレートを投げ分けられるのが特長のひとつですが、それは下半身が強いからできることです。

――高校生でなかなかできることではないですよね。

谷繁 小手先でスピードを変えようとするピッチャーが多いんですが、吉田は体全体を使って速い球を投げるし、同じ投げ方で緩いボールを放ることができる。足の上げ方、下半身の使い方は常に同じで、腕の振りだけで球の速さを変えることができます。体全体を使って投げるという印象です。

――試合終盤になっても140キロ後半のストレートを投げて甲子園をどよめかせました。130球、140球を投げた後でも球速が落ちないのはなぜですか?

谷繁 理由は同じで、正しい体の使い方でできているからです。さすがに決勝戦の大阪桐蔭戦は体力的に厳しそうで、疲労困憊でしたね。甲子園だけで800球以上投げたら、ああなるのはしょうがない。150球を全力で投げきれる状態で大阪桐蔭と勝負してほしかったです。

――吉田はスピードボールだけではなく、守備でも魅せましたね。

谷繁 野球のボールを扱うセンスがありますね。体の動かし方もいい。もしプロに進んだとしても、フィールディングで困ることはなさそうです。これからプロの体になって、芯の強さが備わったときには、もっといいピッチャーになる可能性を秘めています。