2019.08.31

注目はリーチ マイケルと田村優。
元ラグビー日本代表主将がジャパンにエール

 ラグビー日本代表として活躍し、4年前のワールドカップ、南アフリカ戦では歴史的勝利に貢献した廣瀬俊朗氏が、ランドローバーのアンバサダーに就任。30日に都内で開催された「ラグビーワールドカップ2019日本大会 オフィシャルカー デリバリーセレモニー」に出席した。

ランドローバーのアンバサダーに就任した廣瀬俊朗氏 ランドローバーは、ラグビーワールドカップのワールドワイド・パートナーとして、大会期間中に出場選手、関係者、ボランティアなどを送迎するためのオフィシャルカーを275台提供して、大会をサポートする。

 廣瀬氏はこのランドローバーについて、「内装のラグジュアリー感、アクセルを踏んだときの加速感などがすごくよくて、ドライブを楽しんでいます。常に挑戦し続けているメーカーだからこそ、こんな車ができるんだと思います」とその品質の高さを絶賛。また、同じくアンバサダーの田村優選手がランドローバーを運転しているのを見て、廣瀬氏は「かっこいい車、乗ってるな。くやしいなと思っていた」と、以前からあこがれの車であったことを明かした。

 このセレモニーの前日には、ワールドカップに向けたメンバーが発表。廣瀬氏もすでに胸が高鳴っている様子で、「予想どおり、いろんなキャラクターを持った人材が集まった。すごく楽しみなメンバー。もう準備はやり切ったと思うので、ラグビーのすばらしさをワールドカップの舞台で体現してほしい」と選手たちにエールを送った。また注目する選手については次のように答えた。

「前回のワールドカップでは、日本の皆さんはほとんど勝つとは思っていなかったと思うので、我々もノープレッシャーでできた。ただ今回は自国開催なので、いろんな目が向けられている。そんななかでは、キャプテンの統率力がとても重要になってくる。だからリーチ  マイケルに注目している。

 それから試合中は司令塔である田村優もキーパーソンになる。今回の戦術ではキックが多用されるので、田村の活躍がとても重要だと思う」

 田村だけでなく、リーチ マイケルもランドローバーのアンバサダー。この2人の活躍がチームの命運を握ると考える廣瀬氏は、日本の成績についても期待を寄せる。

「こうなったら優勝してほしい。いや、それはあかん(笑)。(ランドローバーの本国)イングランドと決勝で戦って、日本が頑張る感じが一番いいですかね(笑)」

 元日本代表、そしてランドローバーのアンバサダーらしいコメントを発し、会場の笑いを誘った。

1

関連記事