2017.05.30

素人ランナーがトラックで真剣勝負。
「大人のタイムトライアル」とは

  • text & photo by Sportiva

 気分が昂揚する音楽がスピーカーから大音量で流され、場内のマイクパフォーマンスがさらにランナーたちをあおって盛り上げる。これまでに見たことのない雰囲気が漂う、このアゲアゲな陸上競技大会はいったい何なのか?

1年に1度の機会を大切に、熱い中でも自己記録に挑戦していたランナーの人たち 今年で5回目を迎えた「大人のタイムトライアル」が4月下旬、東京・織田フィールドで快晴のもと行なわれた。「大人のタイムトライアル」というのは、2013年にスタートした陸上競技のイベントだ。マイクパフォーマンスも担当する主催者の西本武司氏を中心に、走ることが大好きな有志が集まって「草の根レース」と「トラック”も”走ろう」を合言葉に奔走し、大会開催にこぎつけたという。

 最大の特徴は、各地のロードコースで数多く開かれているマラソン大会とは異なり、トラックを走り、なおかつ5000mのタイムを計る珍しい大会であることだ。

 現役の選手として走っている学生や実業団ランナーならば、トラックで行なわれる記録会や競技会に出場する機会も多くあるだろうが、一般の市民ランナーがトラックで、5000mのタイムを計る機会はそうそうあるわけではない。