2016.10.03

羽生結弦、不満が残った初戦に
「こういう状況は一番楽しいです」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

「今回はレベルということを意識してやって、ステップのレベルやスピンのレベルを上げるためにひとつひとつ本当に丁寧にやったつもりです。僕自身フリーのこの曲(『ホープ&レガシー』/音楽 久石譲より)がすごく好きですけど、自分の演技ではエキシビション以外は笑顔で滑るというか、心の底から曲に乗って滑るというのはなかなかできない。特に試合前半はそうですけど、今日は最初から曲を体中で感じて、その上に乗ろうと意識しながらできたという点では、前半は非常に気持ちよく滑れたと思います」

 羽生はこう言って前半の流れのいい滑りには納得しているようだった。さらに、「意識した」と言うステップとスピンのレベルはすべて4と、狙い通りにできていた。だが、ジャンプに関しては、「前半のふたつの4回転だけに頭がいってしまった」と反省する。

「結局、見ての通り、かなりバテた感があったと思います。ただ、試合でバテた感じをつかめたのはよかったと思いますし、何よりもこの試合によって練習の目標設定というのがだいぶ変わったと思う。そこが一番よかったと思います。

 今回は、ショートもフリーもステップにはかなり注意を向けてやってきて、ひとつひとつのエッジや上半身の動き、流れというものをすごく意識できて心がこもった滑りができたと思いますけど、その中での呼吸の仕方とか、そういうものが足りなかったと思います」