2019.01.03

明大FWのプライドが炸裂。
意地のスクラム選択で早大に雪辱を果たす

  • 松瀬 学●文 text Matsuse Manabu
  • 齋藤龍太郎●写真 photo by Saito Ryutaro

 ラグビーワールドカップイヤーの新春を飾るにふさわしい熱闘だった。伝統校の互いの意地とプライドがぶつかる。2日のラグビー大学選手権準決勝(秩父宮ラグビー場)。明大が”らしさ”を発揮して、早大に31-27で雪辱、2季連続の決勝進出を決めた。

チームの勝利に貢献した明大主将の福田健太選手(写真中央)

『リベンジ』、これが明大のチームテーマだった。ちょうど1カ月前の対抗戦では早大に僅差で屈した。同じライバルに再び敗れることは、許されないことだった。

 後半20分。雲ひとつない青空に”メイジコール”が沸き起こる。「メイジッ、メイジッ」。ほぼ満員の2万1千の観客席では手拍子も起こり、紫紺の小旗がばたばた揺れた。

 早大の35フェーズ(回)にもおよぶ猛攻をしのぎ、明大は敵ゴール前まで逆襲してペナルティーキック(PK)をもらった。スコアは明大17-13。定石ならば、ペナルティーゴール(PG)を蹴り込んで点差をひろげるところだった。