2019.02.21

八村塁が渡邊雄太と契った思い。
代表戦不参加も「先輩たちを信じてる」

  • 小永吉陽子●取材・文・写真 text&photo by Konagayoshi Yoko

W杯出場へ。「世界で戦う」をキーワードに語る~八村塁 編~

折茂武彦編はこちら>> 竹内譲次編はこちら>>

 2006年大会以来となるワールドカップ出場まであと1勝――。2018年11月から始まったこの予選の長い旅路も、2月21日のイラン、24日のカタールとのアウェー決戦にて決着がつく。現在、グループ3位につけている日本は、2連勝すれば出場権獲得となるグループ3位内を確保できる。1勝1敗か2連敗でも、逆グループ勝敗によっては日本が最後の7番目に滑り込む公算が大きい。

『世界で戦う』をキーワードに、3人の選手にワールドカップへの思い、今後の日本のバスケを語ってもらうインタビュー。折茂武彦竹内譲次に続き、ラストを飾るのは八村塁(ゴンザガ大3年)だ。思えば、1年前の日本は1次予選初戦のフィリピン戦から4連敗に陥る暗闇の中にいた。この崖っぷちの状況を救い、破竹の6連勝へと結びつける原動力となったのが、2月に21歳になったばかりの八村なのである。

日本代表でも自分のプレーを発揮して貢献した八村塁 今シーズンの八村は11月のマウイ・インビテーショナルで強豪のアリゾナ大やデューク大をなぎ倒してゴンザガ大を優勝へと導き、大会MVPを獲得。力強く、そして状況判断に優れた得意のポストムーブと正確性を増したジャンプシュートを武器に、ゴンザガ大のエースの称号を手にしている。そうした今シーズンの飛躍の背景には、昨年、4試合参戦したワールドカップ予選での奮闘がある。昨年9月、ホームでイランとの激闘を制し、アメリカに戻るときに八村は「日本代表でプレーできて本当によかった」と言い、続けてその真意をこう語っている。

「ゴンザガのコーチたちも僕に日本代表でプレーしてほしいという思いがあって、頑張ってこいと言われました。こういう大きな大会を経験することが僕の成長につながると言ってくれて、僕もその通りだったと思います。日本代表の中心選手としてやったことが、これからのゴンザガでのプレーにつながっていくと思います」

 このインタビューではゴンザガ大での飛躍の要因を探るとともに、日本代表での奮闘が自身の成長にどのような影響を与えたのかを聞いた。2月の最終予選は大学がシーズン中のために参戦することはできないが、海の向こうのアメリカから日本代表の一員として、八村塁の心はイランとカタールに飛んでいる。

――ここまでのゴンザガでの3年間の成長を、自分自身はどう感じていますか?

 ここまで勉強の面ではつらいこととか、新しい仲間ができて楽しいこととか、色々ありましたけど、1年生の時からいろんな経験をしたことがここまでやれていることにつながっているんじゃないかと思います。ゴンザガに来てたくさん学べて本当によかったと思います。支えてくれるチームメイトやコーチに感謝しています。