2019.11.18

謙虚なスーパースター、
ダビド・ビジャが日本にもたらしたもの

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi
  • photo by KYODO

 謙虚なスーパースター──。手垢のついた表現かもしれないが、ダビド・ビジャほど、それが似合う人もいない。W杯、EURO、チャンピオンズリーグ、国内タイトルと、すべてを手にしてきた37歳のストライカーは先ごろ、「フットボールに引退させられるのではなく、自分の意志で引退を決めたい」と、今季限りでの引退を表明。その会見でも、周囲の人々への感謝の言葉をたくさん口にした。

今季限りでの引退を表明した、ダビド・ビジャ「小さい頃、いつも仕事を終えて僕を練習に連れていってくれた父に感謝したい」

 スペイン北部の小さな町トゥイジャで生まれたビジャは、炭鉱夫の父こそ、今の自分を作ってくれたいちばんの恩人だという。父は家族のために、「地下800メートルもの危険な場所で大変な仕事に従事していたが、常にポジティブで笑顔の絶えない人だった」と、ビジャは米メディア『The Players Tribune』に語っている。

 4歳の頃には、プレー中に右大腿骨を骨折する重傷に見舞われたが、父が必死に探した医師の下でなんとか回復。退院後は、利き足が治りきっていなかったため、父と左足のキックを何度も何度も繰り返したという。両足からの極めて高精度なシュートの礎がここにある。

「才能を持っているだけでは無意味だ。毎日、それを磨き続ける必要がある」と労働者の父に教えられたビジャは、ユース時代にフィジカルを重視する指導者によって冷遇され、プロへの道をあきらめかけた。しかしこの時も、父や「いつも食事を作って待ってくれていた」母の励ましとサポートによって、フットボールを続けることができたという。

 両親に加えて、姉妹、妻の家族、親戚、友人の存在がなければ、「現在の自分はなかったと思う」と会見で語っている。そして自分の3人の子どもたちについては、「とくに(物事が)うまくいっていないときに、子どもたちが見せてくれた愛情が自分の力になった」と明かした。

 二人の娘と一人の息子の母は、ビジャが10代の頃から連れ添う妻のパトリシアさんだ。この競技のトップストライカーには、元同僚の妻を寝とったり、一晩だけの関係の女性が産んだ子を大金で引き取ったりする選手もいる。