2019.10.31

小野伸二は沖縄でジーコになるか。
FC琉球会長が語るビッグな近未来

  • 会津泰成●文・撮影 text&photo by Aizu Yasunari

 今年8月11日、北海道コンサドーレ札幌からFC琉球に電撃移籍した小野伸二は、沖縄で開催された入団会見で力強くこう話した。

「『沖縄をサッカー王国にしたい』という倉林会長の思いに賛同しました。自分自身、静岡県出身ということもあり、育ったところがサッカー王国と当時は言われていましたので、そういうものをまた沖縄という地で達成できたら、これほどうれしいことはないなと思いました」

FC琉球に来て、約3カ月。すでに大きな影響を与えている小野伸二 日本が世界に誇る天才、小野伸二の心をつかんだのは、FC琉球会長にして、フットボールブランド、『sfida』を展開する株式会社イミオの代表取締役社長、倉林啓士郎だ。

 倉林は、2016年12月、資金難や相次ぐ社長交代などで迷走していたFC琉球の社長にJリーグ最年少となる35歳で就任すると、わずか1年で、スポンサーをこれまでの56社からおよそ2.3倍となる130社も獲得した。ホームスタジアムの平均観客動員数も1561人から2508人まで伸ばし、当初1億円以上あった赤字は半分にまで減った。翌2018年度は赤字を3000万円まで削減させ、クラブも創設14年目で初のJ2ライセンスを獲得すると、いきなりJ3で優勝してJ2昇格を決めた。

「ビジネスの世界で15年間、自分の会社を経営してきて、しかもそれがサッカーに関係する仕事なので、そこで培ってきたネットワークが、FC琉球を強くしていく、いいクラブにしていくにあたってフル活用できました。仮に自分がサッカーの世界だけで生きてきたならば、作れないようなネットワークだと思うので」

 倉林はクラブの立て直しに成功したばかりか、「J1昇格」を目標に定め、FC琉球をさらに上のステージへと導こうとしていた。J2初参戦の今シーズン、開幕4連勝を飾ると一時は首位に立つ快進撃を見せた。クラブは、沖縄県内はもちろん全国的にも注目され始めたが、さらに私たちを驚かせることになったのが「小野伸二獲得」というニュースだった。

「FC琉球のトップ下のポジションには、中川風希(かざき)という核となる選手がいたのですが、シーズン途中で、横浜F・マリノスに移籍してしまいました。焦らずにいい選手を探したいと思っていたのですが、同時に、今後、チームをさらに強くしていくために、経験豊富でまとめ役となるような選手が欲しかった。そうした中で、小野伸二選手に白羽の矢を立てました。彼はコンサドーレ札幌をJ1に昇格させ、ここまで強くした立役者の一人です。ピッチ上で持ち味を発揮することはもちろんですが、今までのキャリアで見てきたものをまた違う形でチームに還元していただきたいと思い、お願いしました」