2021.03.25

解説者5人のセ・リーグ順位予想。ルーキー佐藤輝明の加入で戦力UPの阪神は何位?

  • 長谷川晶一、スポルティーバ●文 text by Hasegawa Shoichi,Sportiva
  • photo by Koike Yoshihiro

『特集:We Love Baseball 2021』

 3月26日、いよいよプロ野球が開幕する。8年ぶりに日本球界復帰を果たした田中将大を筆頭に、捲土重来を期すベテラン、躍動するルーキーなど、見どころが満載。スポルティーバでは2021年シーズンがより楽しくなる記事を随時配信。野球の面白さをあますところなくお伝えする。

※  ※  ※  ※  ※

2021セ・リーグ順位予想

 3月26日、ついにプロ野球が開幕する。コロナ禍で揺れた昨シーズン、巨人が危なげない戦いでリーグ連覇を達成したが、今シーズンはどんな戦いが繰り広げられるのだろうか。巨人の3連覇か、それとも......。解説者5人にセ・リーグの順位を予想してもらった。

パ・リーグ順位予想はこちら>>

オープン戦で6本塁打を放った阪神のルーキー・佐藤輝明オープン戦で6本塁打を放った阪神のルーキー・佐藤輝明 ◎中村紀洋氏

1位 巨人
2位 中日
3位 阪神
4位 広島
5位 DeNA
6位 ヤクルト

 セ・リーグは巨人の3連覇が濃厚のような気がしています。菅野智之選手が残留したことも大きいですし、選手個々が自分のすべきことを理解している。そしてなにより、原辰徳監督の経験値の高さ、勝負勘の鋭さが1位に挙げた大きな理由です。

 2位は、昨年8年ぶりのAクラス入りを果たした中日です。今年のキャンプを見たのですが、投手陣が充実している。とくにリリーフ陣は祖父江大輔選手、福敬登選手、ライデル・マルティネス選手を筆頭に、又吉克樹選手がすごくよく見えました。彼はロングリリーフもできますし、いろんな場面で登板できるのが強み。今シーズンのキーマンに挙げたい選手です。あとは攻撃陣がどこまで得点できるかですね。

 阪神も中日同様、リリーフ陣が安定しています。うしろがしっかりしているとゲームプランを立てやすいですし、勝ちパターンを確立しているのは大きいですね。投手陣に比べて攻撃陣はやや弱い印象を受けますが、ルーキーの佐藤輝明選手がオープン戦で6本塁打を放つなど大活躍。とにかくスイングが強く、左右に長打が打てるのは最大の魅力。彼が打線に入ったことで一気に厚みが増しました。

 4位の広島は大瀬良大地選手、森下暢仁選手と力ある先発陣に加え、打線も鈴木誠也選手という絶対的な存在もいる。彼らを中心に他の選手もうまく噛み合えば上位進出も十分可能だと思います。ただ、投打とも新戦力の台頭が必要かなと感じますし、未知数な部分もあってこの順位にしました。

 DeNA、ヤクルトは上記4チームに加え、戦力的にやや劣るのかなという印象です。とくにDeNAは外国人10選手が来日していない。もともと外国人選手に頼っていた部分が大きかっただけに、シーズン序盤でどこまで耐えられるかでしょうね。