2020.12.30

井端和弘が明かす巨人移籍時の本音。中日と違ったこととは?【2020人気記事】

  • 寺崎江月●取材・文 text by Terasaki Egetsu
  • photo by Sankei Visual

 新型コロナ渦に見舞われた2020年。スポーツ界も東京五輪・パラリンピックの延期決定など多くの打撃を受けた。そのなかでもスポルティーバでは様々な記事を掲載。2020年に配信された記事のなかで反響が大きかったものを再公開する(11月6日掲載)。

*   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

「イバらの道の野球論」 スペシャルver.
井端弘和が読者の質問に答える!後編 前編を読む>>

 スポルティーバのツイッターで井端和弘氏に対する質問を募り、それに一問一答形式で答えてもらった特別企画。前編は守備に関する裏話、「星野・落合」という名将の違いなどを語ったが、後編は中日から巨人に移籍した時の気持ち、監督やコーチの目線で見た現在の中日などについて話した。

2013年シーズンオフに中日から巨人に移籍し、引退後はコーチも務めた井端──中日から巨人へ移籍した時の気持ちを教えてください。(「守備ナンバーワンは、永遠井端さん」さん・愛知県)

「これはよく聞かれましたね。当時、中日を離れることが決まった時は楽しみでしたよ。チームひと筋で終わるよりも、ほかの球団でもプレーしたほうが自分にとってプラスになるだろうと思っていました。中日でやっていたことがすべて正解とも限りませんし、巨人と比較できた経験は、その後にコーチをする上でも大きかったです。練習メニュー、試合に入る前の準備、優勝に向けたチームの気持ちの高め方なども違いましたから。

 中日からの移籍先は、最初から同じセ・リーグのチームで考えていました。パ・リーグは『野球が違う』とも言われますが、さらにもう一回チームを変えるならばパ・リーグもいいかな、という感じでしたね」

──もし、自分がコーチだったらこの選手の守備を鍛えたい!と思う選手はいますか??(「あや」さん・神奈川)

「特定の選手というより、すべてのチームの二軍にいる内野選手を指導したいですね。若い選手が一軍に上がるためには、打撃よりも守備のレベルを高めるほうが早いと思うので。昨シーズンに高卒1年目で58試合に出場した広島の小園(海斗)も、まだ捕球やスローイングにバラつきがある印象です。何千回、何万回やっても同じ動きになるような守備を身に着けてほしいですね」