2016.04.17

【新車のツボ122】マツダ・デミオ15MB試乗レポート
マニアに密かな人気の「隠れデミオ」

  • 佐野弘宗+Sano Hiromune+●取材・文・写真 text&photo by

 マツダ・デミオといえば、クルマ好きにも積極的に選ばれるコンパクトカーだ。その理由は「室内空間やトランクは少しせまいけど、素直にカッコよくて、走りにキレもある」といったところか。そんなデミオでは”安価な軽快な1.3リッターガソリン”と”高性能でスポーティな1.5リッターディーゼル”という2種のエンジンが基本的な柱である。

 ……のだが、昨年秋、デミオにひっそりと1.5リッターガソリン車が追加された。その名は”15MB”といい、グレードはその1種だけ。150万円強という価格も、デミオでは2番目に安い!

 
 グレード名にあるMBとは”モータースポーツ・ベース”を意味する。ここまで書けば、だいたいの想像がつく人も多いだろう。これはジムカーナやナンバー付き耐久レース、あるいはダートトラックやラリーなど、参加型の草モータースポーツで使われることを想定したベース車両なのだ。