2018.04.24

錦織圭の準優勝は、人生2度目の
「ケガで前より強くなる」パターンか

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 完全復活への鮮やかにして克明な足跡を刻んだのは、6年ぶりに出場したモンテカルロ・マスターズの「赤土の上」だった。

モンテカルロ・マスターズで準優勝して完全復活を印象づけた錦織圭 右手首のケガによる戦線離脱から、約半年ぶりに復帰したのが今年1月下旬。始まりは、ランキング200位台の選手に競り負ける失意の敗戦である。その苦境から這い上がり、ツアー大会でトップ選手との対戦を重ね、勝利からは自信を、敗戦からは課題を汲み上げながら、ついに彼はATPマスターズ1000の決勝の舞台へと舞い戻った。

 しかも、そこに至るまでに倒した選手のリストには、18位のトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)を皮切りに、3位のマリン・チリッチ(クロアチア)、そして4位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)ら新旧スターの名が並ぶ。

 戦いの内容に目を向けても、掴みかけた勝利を目前で取り落としながら最終的に3時間の死闘を制したチリッチ戦、そして試合のなかで攻略法を再構築して逆転勝ちした準決勝のズベレフ戦など、勝利への執念とテニスへの情熱がほとばしる激闘揃い。3週間前のマイアミ・マスターズでの敗戦後に残した「もうちょっとのところにいるのかな、というのは感じます」との言葉が正しいことを、彼は自らのラケットで証明した。

 キャリアのなかで度々ケガの試練に面してきた錦織圭だが、選手生命を脅かしかねないそれからの帰還となると、今回が2度目と言えるだろう。

 1度目は、19歳のときに経験した、ひじの手術。原因不明の痛みに悩まされた期間も含め、11ヵ月の長きにわたり公式戦から遠ざかった。手術直後は動かぬ右手にショックを受け、先の見えぬリハビリの日々から逃げ出したこともある。

「以前にいた場所に戻れるのだろうか……」

 それは当事者のみならず、彼を支える家族やスタッフたち全員が抱えた恐怖だった。