2019.02.24

中村亮土が出色の出来で存在感。
サンウルブズでW杯に向け猛アピール

  • 斉藤健仁●取材・文・撮影 text & photo by Saito Kenji

 2月23日、スーパーラグビー参入4年目の「サンウルブズ」が国内開幕戦を迎えた。先週シンガポールで行なわれた第1節では、南アフリカのシャークスにスクラムやモールで先手を取られ、10-45で大敗。昨シーズン出場時間の多かった日本代表選手に休養を与えた影響もあり、サンウルブズの今シーズンは黒星スタートとなった。

ワラターズ戦で3トライに絡む活躍を見せた中村亮土 だが、彼らに下を向いている暇はない。第2節の相手は、昨年のオーストラリア・カンファレンスで首位に輝き、プレーオフでベスト4まで勝ち上がった強豪ワラターズだ。

 今回のワラターズのメンバーは、先発15人中11人が「ワラビーズ」ことオーストラリア代表経験者。FW(フォワード)のマイケル・フーパーは代表でもキャプテンを務める世界的なFL(フランカー)で、BK(バックス)にもSO(スタンドオフ)バーナード・フォーリー、CTB(センター)カートリー・ビール、FB(フルバック)イズラエル・フォラウと、まさにワラビーズの中核が揃っている。

 サンウルブズはワラビーズに過去3戦全敗。昨年7月の試合では25-77の大敗を喫している。そんな強豪相手にディフェンスでどこまで粘れるか、そしてスクラムやラインアウトといったセットプレーでどこまで踏ん張れるか、そこがこの試合の焦点となった。

 第1節を終えて帰国し、第2節までの準備期間はわずか4日。それでも、サンウルブズの選手たちはディフェンスやスクラムで相手にプレッシャーをかけて、終盤まで30-31の1点差という予想以上の接戦に持ち込んだ。

 そして迎えた残り1分。緊迫した状況のなか、サンウルブズの名手SOヘイデン・パーカーがドロップゴールを試みた。しかし残念ながら、ボールは左にそれてしまい、試合はそのままノーサイド。1万5000人近いファンの前で今年初勝利はならなかったが、大きな手応えを掴んだ内容を示した。