2021.03.17

注目の日本代表メンバー。海外組招集はあるか?国内組で呼ぶべきは?

  • text by Tsugane Ichiro
  • photo by Kishiku Torao

 U-24アルゼンチン戦は、五輪代表メンバーへの生き残りをかけたものになるが、個人的には三笘のプレーはA代表で見てみたい。ただ、どちらのチームでも、今回の代表活動の目玉となりそうな三笘がいないのは寂しいだろう。それだけに五輪代表で初戦を戦ったあとにA代表に合流するといった、「ウルトラC」もあるのではと思っている。

 プロ3年目の右サイドのアタッカー坂元達裕(セレッソ大阪)も三笘と同じようにA代表に招集されても不思議はない。右サイドは海外組には堂安律(ビーレフェルト)、久保建英(ヘタフェ)、伊東純也(ヘンク)、浅野拓磨(パルチザン)などがいるが、彼らの招集ができない場合は、坂元へ注目が集まるだろう。

 坂元はドリブルの切れ味が鋭く、縦に抜け出してのクロスボール、ゴール前にカットインしてのシュートなど、その攻撃力は昨シーズンからすばらしかったが、今季はそこに守備意識もプラスされている。代表は守備が欠かせないものだけに、攻守に貢献ができそうな坂元にかかる期待は大きいのではないか。

◆清武弘嗣の美ゴールを演出したパッサーに「中村俊輔越え」の期待も>>

 Jリーグ組で言えば、川崎の右サイドバック山根視来も、昨季同様にすばらしい動きをしているので、A代表に招集されても不思議はない。また、センターバックに吉田と冨安が招集できなかった場合、Jリーグ組でその穴を埋めなければならないが、その候補には丸山祐市と中谷進之介(共に名古屋グランパス)はどうだろうか。

 名古屋で見せている安定感抜群の守備は、急な招集にも対応できるはずだ。GKは権田修一(清水エスパルス)がいる。丸山とはFC東京時代に一緒にプレーしているので、今回の時間が限られたなかではアドバンテージになるはずだ。

 もしくは川崎の選手をパッケージで招集する手も面白いだろう。川崎の外国籍選手は、GKソン・チョンリョン、センターバックのジェジエウ、アンカーのジョアン・シミッチ、FWレアンドロ・ダミアンといるが、そのポジションをほかのクラブの選手に担当してもらえば、川崎のサッカーが代表でも見られるという考えだ。