2019.05.27

久保建英が示す理想的な育成のステップ。日本サッカーの新しい扉を開く

  • 津金壱郎●構成 text by Tsugane Ichiro
  • photo by Getty Images

福田正博 フットボール原論

■FC東京の17歳、久保建英が日本代表に選ばれた。注目の集まる若手アタッカーについて、元日本代表FWの福田正博氏はどのような分析をしているのか。期待しているポイントとともに語ってもらった。

 久保建英がキリンチャレンジカップ、コパ・アメリカの日本代表メンバーに招集された。彼の今シーズンのプレーを見ていると、体格も年齢も上の選手たちのなかにいるにもかかわらず、遜色ないどころか存在感が際立っており、当然の選考だろう。

今季のFC東京で躍動している久保建英 昨年までは、注目度は高いものの、選手としてはまだまだ発展途上にあることで、「久保君」と呼んでいた人が多いだろう。しかし、今年の活躍はもはや高校生ではなくプロ選手としての扱いをした方がいいと思えるもの。彼を「久保」と呼んでいる選手やメディアが増えた印象だ。

 なぜこれほどの成長を遂げているのか。その大きな要因がフィジカル強度の高まりにあると言っていいだろう。昨年までの久保は、すぐれた判断でプレーを選択しても、相手との体格差で潰されるケースも多く見られた。しかし、今季はパワーが増してフィジカルが成長していることで、彼が持っている技術の高さや判断力を、十全に発揮できるようになった。さらに、フィジカルのパワーが増したことで、スピードも活かせている。

 彼の成長曲線を見て思うのは、若年代のうちに徹底的に技術と判断力を高めていく重要さだ。若い年代からフィジカルを鍛えることを優先すると、同年代のなかでは体格の強さを武器にできても、大人になって体格差がなくなったときに選手として行き詰まってしまいかねない。それを回避するためにも、私の考えとしては、若年代のうちは技術と判断力を磨くことを優先していくべきと思っている。

 10代前半をバルセロナという最高の環境で技術力と判断力を高めてきた久保の最大の良さは、身につけたスキルをシチュエーションに応じて活用できること。ピッチ全体を俯瞰しているかのようにボールを持てることだ。

 ボールだけにフォーカスして、周囲の情報収集が不完全な選手は、判断が悪くなり、スキルを発揮することが難しくなる。その点久保は、周囲にフォーカスできたうえで、ボールを保持できている。つまり、久保はピッチ上の多くの情報を持ってプレーしていると言える。その情報量と高い技術力、判断力があるからこそ、多くの選択肢のなかから、最善のプレーをしている。そのため、ミスが少なく、パフォーマンスも上がっているのだ。

 今季初ゴールを決めた5月12日のジュビロ磐田戦でも、次元の違いを存分に見せていたが、ゴールを決めたシーンはその象徴だった。CKからの流れで、こぼれてきたボールに駆け込んでボレーシュートを決めたあのシーンで、久保はボールの落下地点を予測してすばやく動き始めると、ステップを小さく踏んで速度と距離を調整し、シュートの打てる位置に体を運んでいる。このシュートシーンに限らず、久保は「走る」「止まる」のタイミングが抜群にいい。