Baseball 安倍昌彦 投魂受けて

【プロ野球】ヘビのように曲がるロッテ・中後悠平のスライダー

2012.05.04

  • 青山浩二●写真 photo by Aoyama Koji

4月22日の西武戦でプロ初勝利を挙げた中後悠平安倍昌彦の投魂受けて~第16回 中後悠平(ロッテ) 

 4月30日のソフトバンク戦。先発のルーキー・藤岡貴裕を7回からリリーフした中後悠平。そのピッチングがすごかった。

 3点のリードを同点にされ、すぐに1点奪ってソフトバンクを突き放した直後、取り戻した小さな流れを「確固たる流れ」にしたい場面だ。ここで、ルーキー・中後はどうしたか。

 スライダー、スライダー、またスライダー。

 徹底的に『切り札』で攻め続けた捕手・里崎智也もプロフェッショナルなら、懸命についていった中後もまた、『プロ』の片鱗がキラリと輝いていた。

 対した打者は4人。詰まった内野安打に送りバント、明石健志、福田秀平の左打者の1、2番はスライダーの変化に目がくらんだように内野ゴロと空振りの三振。ソフトバンク打線を完全に翻弄した。

 その1カ月前。3月31日に一軍初登板を果たした中後。この記念すべきプロデビュー戦。実は、この時のスライダーはもっとすごかった。

 1点リードの8回。緊張の場面で、しかも一死満塁。どう考えたって、ミスキャスト!何が危なっかしいって、中後のコントロールほど危なっかしいものもない。四死球を出せば押し出しで同点となる場面。試合の流れが劇的に変わってしまっても不思議ではない。

 ところが、中後は頑張った。

 この試合すでに3安打の1番・聖沢諒、2番・快足の内村賢介を伝家の宝刀・スライダーの連投で二者連続三振に打ち取ったのだ。内村が三振したひとつ前のスライダーは、空振りした右打者・内村の右足を直撃したものだった。

関連記事

みんなはどっち?

  • JavaScript 有効にして下さい

1年前はこんな記事が読まれていました

あなたへのオススメ

スペシャルコンテンツ

  • 2014 FIFA World Cup Brazil TM
  • 5月特集 F1 セナから20年後の世界
  • 4月特集 ドラマチック春競馬

厳選連載記事

  • 走るフリーアナウンサー中島彩の東京マラソンへの道
  • Sportivaの本 スポルティーバから発売されている書籍の一覧はこちらから。
  • web Sportiva twitter official
  • YouTube Sportiva Channel

過去の記事

2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
テレビ朝日・竹内アナウンサーの連載コラム

テレビ朝日・竹内アナウンサーの連載コラム

テレビ朝日・竹内由恵アナウンサーが、8月のパンパシ水泳の注目選手を紹介!

テレビ観戦の時差ぼけ生活を支えるドリンク!

テレビ観戦の時差ぼけ生活を支えるドリンク!

スポーツの世界大会が、日本との時差がある国や地域で開催されているときの力強い味方とは

  • 至高の名勝負コレクション 燃えろ! 新日本プロレス エクストラ 猪木 VS アリ戦! 好評発売中!!
  • フェリックス・ヴァロットンを巡るトークイベント 「こんな画家がいたのか!」 HAPPY PLUS ART 山下裕二 高橋明也 辛酸なめ子 鈴木芳雄 島田雅彦 滝本誠 藤原えみり