Otherballラグビー

【ラグビー】史上初の4連覇。
帝京大にあって他チームにない「強み」とは

2013.01.14

  • 松瀬学●取材・文 text by Matsuse Manabu 井田新輔●撮影 photo by Ida Shinsuke

国立大として初めて決勝に進んだ筑波大に勝利し、史上初となる4連覇を達成した帝京大 チームとは生き物である。史上初の4連覇を達成した帝京大を見ると、つくづくそう思う。個々が鍛練を積み重ね、チームとして大きく成長する。強力FWの破壊力プラス、たくましいバックスの展開力。フィジカルを土台とした「継続ラグビー」で筑波大を圧倒した。

 146人の部員がみな、笑う。いや主将の泉敬は泣いている。泣きながら笑っていた。4年生になって初めて定位置をつかんだ苦労人。103キロのフッカーが部員の手で宙に舞う。4連覇だから4度。

「最高でした。喜びというか、感謝の気持ちでいっぱいでした。146人の部員、監督、スタッフ……。帝京大ラグビー部が一丸となって過ごしてきた結果ですから」

 13日の大学選手権決勝(国立競技場)。試合前、こんなシーンがあった。スタンド裏のトラックでのウォームアップが終わる。選手がロッカー室に引き上げる際、約30人のメンバー外の4年生がブレザー姿で花道をつくった。「頼むぞ」と声が飛ぶ。中には泣きながら必死に拍手する4年生の姿も。

 試合後、泉がその光景を思い出す。人懐っこい顔がくしゃくしゃとなった。

「ほんとうに、こいつらの分まで戦ってくるぞといった気持ちになりました。低く、強く、激しく。もうタックルで相手をぶちのめす。ブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)で崩壊させるぞって」

 ひと言でいえば、フィジカルの勝利である。接点、ブレイクダウンで圧倒した。昨年12月1日の対抗戦で敗れた筑波大戦との一番の違いが、このブレイクダウンの精度と激しさだった。ひとり目がよくファイトし、ふたり目の寄りも速かった。

 さらに激しくレッグドライブ(足を動かす)をかける。圧力が強いから、筑波大はここに人を多く割かざるをえなくなった。

 戦い方も「継続ラグビー」に徹していた。実は1カ月前の筑波大戦から、勝ち続けてきたそれまでのスタイルを変えようとした。強力FWに頼るだけでなく、スキあらば大胆にボールをバックスに散らしていこう、と。

 岩出雅之監督が言う。

みんなはどっち?

  • JavaScript 有効にして下さい

スペシャルコンテンツ

厳選連載記事

  • Sportivaの本 スポルティーバから発売されている書籍の一覧はこちらから。
  • Twitter Official Account
  • YouTubeOfficial Account
  • Facebook Official Account

過去の記事

2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
羽生結弦初めて写真集『YUZURU』好評発売中

羽生結弦初めて写真集『YUZURU』好評発売中

フィギュアスケーター・羽生結弦の競技写真のほか、貴重なオフショットも掲載

竹内アナが語るアスリートたちの素顔

竹内アナが語るアスリートたちの素顔

テレビ朝日の竹内由恵アナウンサーが現場で取材したアスリートたちの素顔を語る

web Sportiva スポーツ動画 ePlayer

  • 至高の名勝負コレクション 燃えろ! 新日本プロレス エクストラ 猪木 VS アリ戦! 好評発売中!!