Baseballプロ野球

【プロ野球】6試合すべてクオリティスタート。
2012年の斎藤佑樹はここが違う!

2012.05.06

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

5月4日のオリックス戦で、7回を2失点に抑えて4勝目を挙げた斎藤佑樹 宮本慎也が通算2000本安打を達成した5月4日。

 札幌ドームでは、スワローズ時代に宮本と同期入団だった稲葉篤紀が、通算250号のホームランを放った。その稲葉が2000本目のヒットを放ったのが、ほんの6日前。奇しくも宮本と同じ1976試合目での達成に、宮本、稲葉と同じスワローズ出身、ファイターズの栗山英樹監督は「野球の神様っているんだな」と笑みを浮かべた。

 この日の野球メディアは、宮本の2000本安打と、ジャイアンツの杉内俊哉がタイガースを相手に見せた1安打完封のピッチング、稲葉の250本塁打が話題の中心。彼のピッチングは大きな話題にはならなかった。

 斎藤佑樹、今シーズン6度目の先発。

 ゴールデンウイークとはいえ、この日の札幌には激しい雨が降っていた。それでも札幌ドームに詰めかけた3万7千人を越える野球好きの前で、斎藤はバファローズを相手に7回を投げ切って、2失点。チームの連敗を4で止めて、この時点でハーラートップタイの4勝目を挙げた。

 もちろん、宮本の2000本安打は別格としても、これがプロ1年目なら、大騒ぎされても不思議ではない内容だった。

 しかしいつからか、斎藤が勝つだけでは大きなニュースにならなくなっている。

 それはなぜか──。

 斎藤が認められつつあるからだ。

 ランナーを出してもホームに還さない。

 立ち上がりから、当たり前のようにゼロを並べる。

 1点目を許しても、2点目は許さない。

 味方が取ってくれた点数よりも少ない点数で抑えて、チームを勝利に導く。

 この日も斎藤は、まさにそんなピッチングを披露した。

関連記事

powered by Cxense Insite

みんなはどっち?

  • JavaScript 有効にして下さい

スペシャルコンテンツ

  • 4月特集 ドラマチック春競馬
  • 3月特集 日米プロ野球開幕前夜

厳選連載記事

  • 走るフリーアナウンサー中島彩の東京マラソンへの道
  • Sportivaの本 スポルティーバから発売されている書籍の一覧はこちらから。
  • web Sportiva twitter official
  • YouTube Sportiva Channel

過去の記事

2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年

人気記事ランキング

ランキング一覧

今日
昨日
週間

        みんなはどっち? Sportiva 読者の選択

        遥かなるツール・ド・フランス~片山右京の挑戦~

        遥かなるツール・ド・フランス~片山右京の挑戦~

        元F1レーサー片山右京の新連載。監督として自転車レースの最高峰「ツール・ド・フランス」を目指す。無謀な挑戦を追いかける「現在進行形ドキュメント」