Otherballラグビー

【ラグビー】
視線の先には『世界』。18歳の新星・藤田慶和の「夢のカタチ」

2012.04.03

  • 松瀬学●取材・文 text by Matsuse Manabu photo by Getty Images

東京セブンズに7人制日本代表として出場した藤田は、大会後15人制の代表合宿に参加 ついに『新星』が現れた。スーパー18歳の藤田慶和。史上最年少で7人制と15人制の日本代表に抜てきされた逸材である。どうしたって2015年ワールドカップ(W杯)や2016年リオデジャネイロ五輪の日本代表のエースとしての期待が高まるのだ。

 週末の7人制ラグビーのワールドシリーズ、東京セブンズ(東京・秩父宮ラグビー場)だった。日本は5戦全敗、参加16チーム中15位に終わった。

 最後のケニア戦。同点の後半中盤、藤田は2分間のシンビン(一時退場)を食らった。ゲームが中断し、相手にボールを渡そうとしたら、その勢いが強すぎたのだ。レフリーに遅延行為ととられた。その後、決勝トライを奪われ、チームは敗れた。

 藤田が申し訳なさそうにふり返る。
「自分のしょうもないプレイでイエローをもらってしまった。僕はただ、ボールを返そうとしたんです。でも……、笛にびっくりした。チームに迷惑をかけてしまいました」

 結局、藤田はこの大会でトライもとることができなかった。伸びやかなランニングやパスプレーに非凡なところを発揮したけれど、世界の強豪のフィジカルの強さに圧倒されてしまった。初戦のイングランド戦で右ひざを痛めたこともあるが……。

そのひざにアイシングをしながら、イスに座ってのインタビューである。
「スピードは通用したんじゃないかと思います。前にでてディフェンスすれば、相手を止められる。積極的にボールをもらいにいったら、チャンスがつくれることがわかりました。”ニッポン、ニッポン”のスタンドの声援がすごくうれしかった」

 でも、と言葉を足す。
「勝てなかったのが心残りです」

 課題も見えた。やはりディフェンス、コンタクトプレイは見劣りする。1対1の場面で何度、当たり負けしたか。何度、タックルをミスしたか。フィジカルアップ、これが飛躍するための一番のポイントであろう。

みんなはどっち?

  • JavaScript 有効にして下さい

スペシャルコンテンツ

厳選連載記事

  • Sportivaの本 スポルティーバから発売されている書籍の一覧はこちらから。
  • Twitter Official Account
  • YouTubeOfficial Account
  • Facebook Official Account

過去の記事

2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
羽生結弦初めて写真集『YUZURU』好評発売中

羽生結弦初めて写真集『YUZURU』好評発売中

フィギュアスケーター・羽生結弦の競技写真のほか、貴重なオフショットも掲載

竹内アナが語るアスリートたちの素顔

竹内アナが語るアスリートたちの素顔

テレビ朝日の竹内由恵アナウンサーが現場で取材したアスリートたちの素顔を語る

web Sportiva スポーツ動画 ePlayer

  • 至高の名勝負コレクション 燃えろ! 新日本プロレス エクストラ 猪木 VS アリ戦! 好評発売中!!