J FootballJリーグ

【Jリーグ】最少失点で5位。
鳥栖が昇格1年目で躍進している秘密

2012.05.07

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki 小内慎司●撮影 photo by Kouchi Shinji

10節を終えて5位。昇格1年目で上位に進出しているサガン鳥栖
 クラブ創設以来初のJ1昇格を果たした鳥栖が、ルーキーシーズンの今年、序盤のリーグ戦を盛り上げている。

 5月6日に行なわれたJ1第10節を終え、4勝2敗4分けの勝ち点16は、堂々の5位。開幕前の評価は決して高いものではなく、1年でのJ2降格を予想する声も多かったことを考えれば、驚くべき成績である。

 そんな大健闘の要因は、失点の少なさにある。現在までの10試合で総失点5は、J1最少の数字だ。

 しかし、だからといって、”ベタ引き”で自陣にこもるだけの守備的な戦い方を志向しているわけではない。DFラインを高く保ち、積極的に高い位置からボールを奪いに行くのが、鳥栖の持ち味だ。

 実際のところ、高い位置からボールを奪いに行く分、中盤の守備網を突破されると、DFラインが数的不利な状況にさらされることもある。J1最少失点という数字からイメージするほど、強固で安定したディフェンスができているわけではない。むしろ危なっかしささえ感じるほどだ。

 それでも、最後のところでは楽にシュートを打たせず、たとえひとり目のスライディングタックルがかわされても、二の矢、三の矢が飛んでくる。そんな粘り強さが、鳥栖にはある。

 尹晶煥(ユン・ジョンファン)・鳥栖監督も、「守備に関しては、選手たちが高い意識を持って組織的にやれている」と、満足そうにここまでの戦いぶりを振り返る。

 それは、ピッチに立つ選手も同様だ。豊富な運動量で中盤を支える水沼宏太は、「(失点が少ないことは)正直、運もある」と言いながらも、「今は自信を持って守備をやれている」と話す。

関連記事

みんなはどっち?

  • JavaScript 有効にして下さい

スペシャルコンテンツ

  • 8月特集 すべてのことはスポーツ漫画から学んだ
  • 7月特集 Jリーグから始めよう
  • 2014 FIFA World Cup Brazil TM

厳選連載記事

福島良一 MLBコアサイド

フォーメーション進化論 福田正博

吉井理人の「投究論」

名波浩の視点 NANAMI’S EYE

竹内由恵 たけうっちタイムス

出水麻衣 スポーツNewsの現場から

枡田絵理奈 素顔がとてもステキです

月刊白鵬

遙かなるツール・ド・フランス〜片山右京とTeam UKYOの挑戦〜

アスリートWatching 〜腕時計から見るスポーツの世界

  • Sportivaの本 スポルティーバから発売されている書籍の一覧はこちらから。
  • Twitter Official Account
  • YouTubeOfficial Account
  • Facebook Official Account

過去の記事

2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
竹内アナが取材現場でのエピソードを紹介

竹内アナが取材現場でのエピソードを紹介

テレビ朝日・竹内由恵アナウンサーが、現場で見た選手や監督の素顔とは--

  • 至高の名勝負コレクション 燃えろ! 新日本プロレス エクストラ 猪木 VS アリ戦! 好評発売中!!