2016.05.27

【自転車】ツアー・オブ・ジャパン開幕。
TeamUKYOの秘策とは?

  • 西村章●構成・文 text by Nishimura Akira  photo by AFLO

 片山がそう話すとおり、5月のゴールデンウィークが明けるころから、TeamUKYOは2チーム体制で海外のUCIレースに臨んだ。5月11日から14日まで行なわれたインドネシアの「ツール・ド・イジェン」では、ベンジャミン・プラデスが第2ステージで優勝を飾り、最終ステージまで個人総合優勝を争いながら最終的には総合5位で終えた。また、「ツール・ド・イラン」に参加した組は、ジョン・アベラトゥリが第6ステージで2位に入り、サルバドール・グアルディオラも総合20位でレースを終えて、それぞれUCIポイントを獲得した。

 これらのレースを終えて日本に帰国したTeamUKYOは、6名のメンバーで8日間のツアー・オブ・ジャパンに挑む。

 日本を横断する戦いは、恒例の大阪・堺ステージで5月29日に戦いの火蓋が切られる。

(次回に続く) 連載『遥かなるツール・ド・フランス』は毎月下旬に掲載

関連記事