2015.07.07

【自転車】欧州との歴然たる実力差。片山右京が考える「次の一手」

  • 西村章●構成・文 text by Nishimura Akira  photo by AFLO

 そして、片山はひと呼吸置いて、苦笑交じりに話を続ける。

「でもね、口では、『まあ、しっかりやっていきますよ』と言ってはいますけれど、実は今、相当ヘコんでますから(笑)。日本には選手も足りないけど、スタッフも圧倒的に足りない。今のTeamUKYOはひとりのメカニックが選手11人全員の分を見ていますが、選手の人数が増えたときにはメカニックの数も増やして、メカひとりあたりの負担を減らしたい。選手が増えると、スタッフが増える。そして、当然ながら必要な機材の数も増える。『“メイドインジャパン”のプロコンチネンタル作りを目指すのはかなり大変』といっていたのは、つまりそういうことなんですよ。

 それでも、そこに向けて進んでいく自分たちの歩みに迷いはないし、そのための交渉や準備も進めています。だから、少なくともネガティブな要素はまったくない。それが、僕の今の正直な感触なんです」

(次回に続く)

関連記事