2015.06.23

【自転車】片山右京が過去の挑戦と比較。ロードレースの難易度は?

  • 西村章●構成・文・写真 text & photo by Nishimura Akira

「負け惜しみに聞こえるから、後者の言い方ができないだけでね。でも、それほど難しいとは思っていないんですよ。ただ、自分たちの理想を完璧に叶えようとすると、こんなに困難なことは多分ない。それはもはや、片山右京個人の仕事じゃなくて、日本国とか、日本人にとっての挑戦なんだというところにまで広がってしまうだろうから。

『すごく大変』というのはそういうことで、じゃあ、『たぶん簡単ですよ』というのはどういう意味かというと、少し極端な例に聞こえるかもしれないけれども、たとえば、『F1ドライバーになるのは大変ですか?』と訊ねられれば、みんな大変だと答えるけど、現実は簡単なんですよ。お金があれば、何十億か払えばテストドライバーにだってなれるし、レースに出ることだってできる。もちろん、ある程度の力量がなきゃダメだけどね。結果をまだ出していない若者でも、いいパフォーマンスをすればオーケーな世界であったりするわけで、そこにはさらにビジネスなどの様々な要素も絡んでくる。

 だから極端なことをいえば、(自転車ロードレースでも)ものすごく潤沢なお金があれば、たとえばスポンサーが離れそうで資金繰りの厳しいチームを買収することは、たぶんできなくはないんですよ。

 だけど、そういうことをしたとして、いったい何が残るのか――。おそらく名前は露出するだろうけれども、日本のサイクルロードレース界に何かを貢献したことになるのかというと、それはかなり疑問ですよね。

 だから、今まで何度も言ってきたみたいに、僕たちが今一番大事にしようとしているのは、日本国籍のプロコンチネンタルチームを作りたいという、その一点なんです」

(次回に続く)

関連記事