2015.06.02

【自転車】片山右京が語る「チームのトップとしての悩み」

  • 西村章●構成・文・写真 text & photo by Nishimura Akira

 そして今の自分たちに、現在いる場所からさらに上を目指す資格があるのかどうかは、ツアー・オブ・ジャパンとツール・ド熊野が終わったあたりで、ある程度見えてくるんじゃないかと思います。

 いかなる理由であれ、自分たちの力がまだ及ばないのであれば、まずはそれを直視しなければならない。乗り越えるべき壁も自力で乗り越えられないようなら、自分の頭の周りを飛んでいる虫を自分の手で払うこともできないのなら、理想論を語るべきじゃない。

 自分たちが出場するUCIレースは総ナメにしてしまうくらいの実力で、Jプロツアーは当たり前のように全戦全勝。一軍チームの下部には何十人もの選手がしのぎを削っていて、レースに出場したら、『すみません、TeamUKYOさん。お願いですからもう勘弁してください』と言われるような、僕たちはそれくらいの存在にならなければならないと考えています。そのためには、戦績面でも、マネージメント面でも、一人前の組織をまずは整えないと、理想を語っても意味がないんじゃないか……」

 急(せ)いては事を仕損じる――、という。だが、その一方で、拙速は巧遅に勝(まさ)る――という古諺(こげん)もある。今の片山は、おそらくその両者の狭間で、チームの増強と組織の拡大について思いを巡らせているのだろう。

「それくらい圧倒的な強さを発揮できるようになって初めて、『僕たちは日本のチームとして世界の舞台で戦います』と言う資格ができると思うんですよ」

 UCIアジアツアー[2.2]に分類され、Jプロツアー第7戦にも組み込まれたツール・ド・熊野を、TeamUKYOはチーム総合3位というリザルトで終えた。

(次回に続く)

関連記事