2014.09.29

【自転車】片山右京「エースの素顔は、日本人以上に日本的」

  • 西村章●構成・文 text by Nishimura Akira photo by Sportiva

 また、レースに向き合う姿勢には、特に彼の人柄がよく表れている。

「このレースで勝ちたいとか、あのレースでいい結果を出したいとか、そういう考え方はあまり好きじゃないんだ。自分が目指しているのは、もっと広い視野に立って、常に向上心を持ちながら努力を続けていくこと。そうすることで、結果は自(おの)ずとついてくると思うんだ。

 いい結果を出したときは、それ以上にいい結果を目指して、さらに努力を続ける。そうすれば、どんどん自分を向上させてゆくことができる。ひとつのレースだけに焦点を合わせていると、失敗した場合に次へつながらないし、大きなチャンスを掴む前に終わってしまうかもしれない。すべてのレースが向上のチャンスになると、僕は考えている。だから、大局的な視野を持って、常に全力で取り組み続けるんだ。

 すべてのレースは等しく重要で、大切な機会だと考えている。日本国内のJプロツアーも国際的な格式のUCIレースも、どちらかのほうが、もう片一方より重要ということはない。自分にとっては、すべてが等しく重要で、意義と価値のあるレースなんだ」

 だが、人生の目標を訊ねたときには、少しばかり陽気なスペイン人らしさも顔をのぞかせた。

「これからも可能な限り、ライダーとして長く走り続け、いい結果を残していきたい。自分に与えられた仕事を楽しみながら、ね」

(次回に続く)

関連記事