2014.05.19

【自転車】片山右京「ツール・ド・フランスまでの高い壁」

  • 西村章●構成・文 text by Nishimura Akira photo by AFLO

design by Unno Satoru 世界最高のレースで構成されるワールドツアーを戦うのが、「プロツアーチーム」だ。UCIのルール(2014年度版)では、「競技性(sporting)」「職業倫理(ethical)」「財務(financial)」「運営(administrative)」の4つの観点について、厳格な審査基準を満たした18チームに対して、ライセンスが発給されている。

 プロツアーチームはワールドツアーへの参戦義務を有しており、自転車ロードレースのスーパースターたちは、これら18あるプロツアーチームのいずれかに所属している。たとえば、昨年のツール・ド・フランスの覇者クリス・フルームは「チーム・スカイ(イギリス)」に、4月に行なわれた『キング・オブ・クラシック』と呼ばれるロンド・ファン・フラーンデレンを制したファビアン・カンチェラーラは「トレック・ファクトリー・レーシング(アメリカ)」に所属している、という具合だ。ちなみに、日本人選手の別府史之はカンチェラーラのチームメイトで、新城幸也はチーム・ユーロップカー(フランス)の所属だ。

 このワールドツアーの下には、ヨーロッパツアー、アフリカツアー、アジアツアー、オセアニアツアー、アメリカツアーと、大陸(コンチネンタル)ごとに区分されるレース群がある。

 これら各大陸ツアーを戦うのは、プロツアーチームよりも格下の「プロコンチネンタルチーム」や、「コンチネンタルチーム」だ。現在のTeamUKYOはコンチネンタルチームという分類に属し、アジアツアーおよび日本国内を主戦場としている。

 次週は、これら各チームの格式とレースの等級、参戦資格などについて、もう少しだけ詳しい説明をしていこう。

(次回に続く)

関連記事