2019.10.31

【新車のツボ160】ジープ・ラングラー。
元祖の末裔は古くて新しい

  • 佐野弘宗●取材・文・写真
  • text & photo by Sano Hiromune

 といっても、新旧ラングラーは、少なくとも写真ではまるで見分けがつかないくらいソックリ。しかも、全身ほぼ完全新開発なのに、エンジン縦置きの後輪駆動ベースで直結可能な4WDシステム、下回りだけが独立した頑強なハシゴ型フレーム構造、前後リジッド形式のサスペンション、悪路を走ってもハンドルが取られにくいボールナット式ステアリング......といった中身まで、昔ながらの古典的な手法をそのまま踏襲する。この「新しいのに、古い!?」というツボは、奇しくもラングラーとほぼ同時期に刷新されたスズキ・ジムニー(第150回参照)によく似る。

 ラングラーの売れ筋は、写真の"アンリミテッド"と名づけられたタイプである。これはロングボディに4ドアの箱型ハードトップを備えており、ぱっと見や実際の使い勝手は普通のステーションワゴンタイプSUVに近い。しかし、多目的軍用車だった元祖ジープの正統な末裔たるラングラーは、トップもドアもないフルオープン状態が本来の姿。このアンリミテッドもハードトップとドアを取り去ると、下写真のような"あられもない"姿になる(笑)。

ただ、実際にこの姿にするには、それなりの人手と外した部品の置き場が必要だけど。