2017.12.10

【新車のツボ142】スズキ・エスクード、
コンパクトSUVの元祖なのだ

  • 佐野弘宗●取材・文・写真 text&photo by Sano Hiromune

 乗り心地はハッキリと硬めだが、そのぶん素直にキビキビと俊敏。従来の1.6リッターだと、自慢の4WDをせっかくの"スポーツ"モードにしても、エンジンが控えめすぎて、ちがいが分かりづらかった。しかし、この1.4ターボなら、スポーツモードにすると、エンジンのメリハリも明らかにグンと増して、通常モードよりグイグイと曲がる。安定した姿勢のまま、コーナーから強力に立ち上がっていく脱出加速は、ちょっとしたスポーツカー気分ですらある。

 これぞ、アツい走りとウンチクが詰まったとスズキ伝統のツボ。当連載ではシツコイほど繰り返して書いているが"和製欧州車"ならぬ"欧製和車"の典型である。

【スペック】

スズキ・エスクード1.4ターボ

  • 全長×全幅×全高:4175×1775×1610mm
  • ホイールベース:2500mm
  • 車両重量:1220kg
  • エンジン:直列4気筒DOHCターボ・1371cc
  • 最高出力:136ps/5500rpm
  • 最大トルク:210Nm/2100-4000rpm
  • 変速機:6AT
  • JC08モード燃費:16.8km/L
  • 乗車定員:5名
  • 車両本体価格:258万6600円

◆【コンパクトSUV】スバルXVの試乗レポートはこちら>>

◆【コンパクトSUV】マツダCX-5の試乗レポートはこちら>>

関連記事