2017.09.03

【新車のツボ139】
ランドローバー・ディスカバリー、
頂点SUVと思えば、800万円でも爆安

  • 佐野弘宗●文 text by Sano Hiromune photo by JAGUAR LANDROVER JAPAN/Sano Hiromune

 新型ディスカバリーのすさまじい悪路性能を使いきれる場所は、日本(のクルマが合法的に乗り入れられる場所)には事実上ほとんど存在しないが、「とにかくホンモノがほしい」というマニア筋にはこれ以上ないツボな選択である。と同時に、いま国産の高級ミニバンに乗っていて「もっとエラい3列シート車がほしい」という強欲な御仁にオススメしたい最右翼である。  回りくどくなってしまったが、つまり、新型ディスカバリー最大のツボは"当世で最強かつ無敵のレジャーカー"ということにある。

【スペック】

ランドローバー・ディスカバリーHSEディーゼル

  • 全長×全幅×全高:4970×2000×1890mm
  • ホイールベース:2925mm 車両重量:2380kg
  • エンジン:V型6気筒ディーゼルターボ・2992cc
  • 最高出力:258ps/3750rpm
  • 最大トルク:600Nm/1750rpm
  • 変速機:8AT
  • JC08モード燃費:11.6km/L
  • 乗車定員:5/7名
  • 車両本体価格:799万円

■新車の試乗レポート記事一覧>>

関連記事