2016.07.10

【新車のツボ125】スズキ・バレーノ、
和製ガイシャ、ここにきわまる

  • 佐野弘宗●取材・文・写真  text&photo by Sano Hiromune

 ただ、バレーノには、ここで口が酸っぱくなるほどホメてきたルノーや欧州フォードに共通するツボがある。スズキのコンパクトカーは以前から”和製ガイシャ”っぽいところが魅力だったが、日本市場から距離を置いたバレーノは、日本人ウケしそうなポイントがとくに少ない(笑)。

 しかし、オチョボ口のグリルとか、加飾を排して「曲面で見せる」スタイリングは、写真だと映えにくいが、実物は低く構えたスポーツカー風で素直にカッコイイ。こういうカッコよさも、いかにもガイシャっぽい。

 発売と同時にカルト感プンプン(!?)のバレーノ。ただ、こういう「知る人ぞ知る」優良物件に乗って、ひとりほくそ笑む行為こそ、クルマオタクにとって至高のツボである。

【スペック】


スズキ・バレーノXT
全長×全幅×全高:3995×1745×1470mm
ホイールベース:2520mm
車両重量:950kg
エンジン:直列3気筒DOHCターボ・996cc
最高出力:111ps/5500rpm
最大トルク:160Nm/1500-4000rpm
変速機:6AT
JC08モード燃費:20.0km/L
乗車定員:5名
車両本体価格:161万7840円

■「新車のツボ」バックナンバーの一覧

関連記事