2015.10.18

【新車のツボ112】
フォード・フォーカス試乗レポート

  • 佐野弘宗+Sano Hiromune+●取材・文・写真 text&photo by

 
 専門的にいうと、オートマがこれまでのツインクラッチ式から昔ながらのトルクコンバーター式にあらためられたのも、さすがの目利き......というほかない。駆動効率や変速の小気味よさではツインクラッチのほうが有利で、技術的にもこっちのほうが新しいし、カタログ的にも見映えがいい。しかし、変速の滑らかさや扱いやすさをマジメに突き詰めると、まだまだトルクコンバーター式に分がある部分も多く、フォードはそこに目をつけた。エンジンもパワフルで、右足ひとつの速度微調整もドンピシャ。うーん、これまた完璧なツボ!

 また、フォーカスは前記のように最新ライバルよりちょっと重いことも、こと乗り味や快適性ではいい方向に働いている。最新の軽量設計でも機械で測定するとフォーカスより静かなのかもしれないが、フォーカスの静かさはたっぷりの質量で抑え込んだ......いわば"潤いのある静かさ"というべきか。ちょっとヒイキ目があるのは否定しないが、ワタシのような昭和世代のクルマ好きには、こういうフォーカスの味わいはなんとも愛おしいツボである。

 まあ、さすがに燃費については、フォーカスは軽量なライバルにちょっとゆずるし、シツコイようだが日本でのフォーカスはあまりにカルト(!)な存在である。なので、リセールバリューまで含めると、皆さんに手放しでオススメするのは気が引けるんだが、とにかく運転が三度のメシよりも好き......というなら、フォーカスにツボを突きまくられることは保証する。

 
【スペック】
フォード・フォーカス・スポーツ+エコブースト
全長×全幅×全高:4385×1810×1470mm
ホイールベース:2650mm
車両重量:1420kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ・1497cc
最高出力:180ps/6000rpm
最大トルク:240Nm/1600-5000rpm
変速機:6AT
JC08モード燃費:14.3km/L
乗車定員:5名
車両本体価格:349万円

関連記事