2021.12.21

村上佳菜子さんが宮司愛海アナとのアイスダンス話でまさかの現役復帰宣言!?「パートナーを見つけてください!」

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

この記事に関連する写真を見る
【アイスダンスをする選手の適性】

宮司 アイスダンス選手に適性みたいなものはあるのですか?

村上 何となくの感覚ですけれど、そういうのはあると思います。この子は伸びそうだなとか、この子はペアに行ったらいいのに、とか。この感覚はどうお伝えすればよいか、難しいですね。

宮司 男女でも全然違いそうですしね。

村上 スケートをすごく見てきている人たちは何となくわかる感覚があると思います。たとえば、ちょっとした滑る時のつま先の向きや、ターンの時の足の運び方など。あとは、体の使い方。滑りと体の使い方がどれだけリンクしているかとか。レイバックをする時もいきなりガーンと反る子よりは、バレエのように引き上げながら反っていくのが自然にできる子は、アイスダンスに向いていますかね。そういうちょっとした所作のところで適性があるのかな。「この子すごく美しいよね」って思う子は、素質があるかもしれないです。もちろん絶対とは言えないですけれど。

【感覚の合う相手を探すのは難しい】

宮司 カップルの相性、性格的なものというのはどうなんでしょうか?

村上 アイスダンスではないですが、今、ペアの三浦璃来・木原龍一組って、相性がとってもいいと思うんですよ。私が選手時代、ふたりが別の方と組んで、苦労しているところを間近で見ていたんです。でも、ふたりがカップルになって試合を見た時に、ペアってこんなにも相性がいいと滑りが変わるんだっていうくらい素敵でした。

宮司 それぞれで見ていたからこそわかるわけですね。

村上 はい。だから本当に組んでみないとわからないのだと思います。

宮司 大変な世界ですね。だって「つき合いましょう」、で、うまくいかなかったら「さようなら」って、すぐできるわけではないですよね。

村上 本当にカップル種目の相性って大切で難しいと思います。アイスダンスにも言えることですが、たとえば「この姿勢が苦手」って女性が思っているところを男性側がパッと察知して、「ここ苦手なんだ。こう支えてあげよう」とできるような、感覚の拾い方なども重要です。あとは、パッと手を出した時にパッと合うみたいな、そのあたりの感覚も一緒だとベストなのかなと思います。だから、すごく難しいですね。

宮司 結婚相手を見つけるより難しそうな気も......。

村上 難しいと思います。やりたいって言っているから「じゃあやろう。できるね」だけじゃうまくいかない。一回トライアルでやってみて、できそうだなっていうのがないと難しいと思います。

宮司 では、私たちが見ているアイスダンスのカップルも当たり前ではなくて、それぞれがそれぞれの苦労とストーリーを経てそこにいると思うと、また見方が変わりますね。

村上 今のトップにいる世界の方たちは、そういうのが全くない小さな頃からカップルを組んでいて、ジュニアも経てやっている人たちが多いかもしれないです。

宮司 幼馴染だったりしますしね。

村上 その差はやっぱりどうしても埋められないから、本当に努力しないと難しいかもしれないですね。でも、楽しそう(笑)。

宮司 その点、村元・髙橋組の相性というのはいかがでしょうか?

村上 すごくいいと思います。哉中ちゃんが出すフィギュアスケートの色と髙橋選手の出すフィギュアスケートの色って相性がいいというか、混ざりやすい色だと私は思うので。あとは、髙橋選手がもうちょっとアイスダンスに慣れていけば、もっともっと自分の色が出て、すごいものになると思います。

宮司 楽しみですね。まだ2シーズン目でそれだけの進化を見せているわけですからね。

村上 本当にすごいことです。